【神栖女子大生遺棄事件】初対面で金銭トラブルはなぜ?男に会いにいった理由とは

 

茨城県神栖市で女子大生(日本薬科大1年菊池捺未さん)が行方不明になっていましたが、当初から事情聴取をうけていた30代の男が、1月30日夕方ころに犯行を認める供述をし、事件発覚→逮捕となりました。

逮捕されたのは同市深芝南の無職・広瀬晃一容疑者(35)です。

 

 

犯人逮捕で事件の一気に真相究明かと思いきや、この事件の経緯にはまだまだ謎が多く捜査も難航しているようです。

気になったのは、菊池捺未さんが広瀬容疑者の自宅近くに住む住民に「金銭トラブル」があったという趣旨の相談をしていたという報道でした。

広瀬容疑者は一貫して「初対面」と供述しているのですが、果たして初対面で金銭トラブルになることなどあるのでしょうか。

報道された内容をもとに独自の観点で考察していきたいと思います。

 

金銭トラブルは当日起きた可能性大

 

広瀬容疑者は菊池捺未さんと出会った経緯について、「インターネットの掲示板で知り合った」と供述しています。インターネット上で知り合って今回が初対面であったのならば、会う前に金銭トラブルを抱えていた可能性は低いと思われます。

契約書でも交わさない限り、ネット上で例えどんな金銭的約束をしたとしても口約束とかわりませんよね?

ましてや、今の時代決済なら色々な手段があります。わざわざ見知らぬ土地に出向いて金銭取引をするとは到底思えません。

なので、おそらく会いにいった理由はトラブルとは別の、もっとポジティブな理由(男女関係や友人関係)ではないでしょうか。(ネット上でのやり取りが公表されていないのであくまで推測ですが)

というのも、菊池さんの住まいから神栖まではかなりの距離です。そして当日は栃木の実家に帰省する予定をキャンセルしていたり、神栖に行く途中タクシーで7kmほど移動して約3000円程支払っていますので、当初は楽しみで行ったと考える方が自然なきがします。

一人暮らしの大学生であれば、3000円のタクシー代は決して安い出費ではありませんよね。

 

https://twitter.com/namekuji_no_su/status/1090945633916116992

https://twitter.com/backnum17673696/status/1091156387449565184

 

考えられる金銭トラブルは交通費

 

少なくとも金銭トラブルは会う前にはなかったとすると当日の動きの中にトラブルとなる原因があるはずです。

そして現在の報道の中で金銭といえば菊池さんの神栖までの交通費です。

菊池さんは当日、綾瀬駅で電車に乗り鹿島神宮駅で下車。その後神栖市内のコンビニまでタクシーという経路で移動しています。

計算すると5000円以上なので往復10000円程の交通費がかかることになります。

ここで例えば、広瀬容疑者が交通費を出すといっていたのに、約束を破ったということはないでしょうか?

「ネット上では盛り上がったが実際にあったらあまりにもイメージと違った。」ネットでの出会いではよくあるパターンです。広瀬容疑者の容姿を考えればイメージとのギャップは容易に想像できますし、それを指摘したら不機嫌になって交通費どころじゃないなんてことも考えられます。

また、行きも帰りも目隠しをされていて家の場所も知られないようしてたわけですから、送って行くといい菊池さんをどこかで無理やり降ろしたというパターンもあるかもしれません。

そしてもし、帰りの交通費が足りなければ、菊池さんは多少怖くとも広瀬容疑者の家に戻るしかありません。

交通費自体は口約束であるため金銭トラブルでも警察に相談という選択肢もなかった、という推測は少し行き過ぎでしょうか。

まとめ

 

当初行方不明の報道でしたが、捜査の後に凄惨な事件となってしまいました。

亡くなられた菊池捺未さんのご冥福をお祈りします。

 

今回の記事では

  • 初対面でおきた金銭トラブルとは何か

→高額な交通費である可能性

  • なぜわざわざ見知らぬ土地に会いに行ったのか

→トラブルなどはなく、当初は純粋に会いにいきたかったのではないか

といった神栖市女子大生行方不明事件を独自の観点、推測でまとめました。

 

現時点の報道をもとにした推測になりますので、引き続き詳細を追っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です